スマートフォン解析

シリコーンゴムは自然界に存在するケイ石から作られます。
天然ゴムや合成ゴムと比べ、耐熱性・耐寒性・耐候性・耐湿性に秀でており、安全性も高いという特性をもっています。
シリコーンゴムは“魔法の素材”なのです。
しかし、形状や加工方法が適切でないと、製品不良の頻出や早過ぎる品質劣化につながるのも事実です。
シリコーンゴムを知り尽くす私たちだからできることがあります。家庭・健康・医療・介護・美容・ホビー・アウトドア等・シリコーンゴムの商品開発はぜひGTOにご相談ください。
シリコーン製品開発ガイド専門サイトをオープンしました

“顧客満足度の高い商品創り”が得意です
以前は国内の別のメーカーさんにお願いしていました。

中国のメーカーもサンプルを出してもらったことがありますが、バリ(製品の縁などにできる余分な部分)が目立ったり、色のブレもあり、満足できるものではありませんでした。

GTOさんはその点、完成度が高く、おまけに価格も前のところより安いのには驚きました。
とても良心的ですね。また、お話ししていて安易に「できます」と言わないところに、かえって技術へのゆるぎない自信を感じました。

おかげさまで商品がヒットして販売数が増えてきましたが、納期をキッチリ守ってくれるので安心です。
これからも頼りにしています。
健康用品メーカー 取締役企画開発室長 K様
(お客様ご要望により秘密保持のため、社名・商品名は伏せさせていただきます)

GTOは近畿大学薬学部石渡准教授・多賀准教授と提携しています
提携先近畿大学薬学部石渡俊二准教授・多賀淳准教授写真
左から石渡准教授、GTO藤田、多賀准教授
GTOは近畿大学薬学部の石渡俊二准教授・多賀淳准教授と共同で、液漏れを防ぐ注射薬容器用の特殊ゴム栓「もれま栓」を開発しました。
ビン容器から注射器に抗ガン剤を移し替え、注射器を容器から抜く際、微量ですが抗ガン剤が飛び散ります。しかしごく微量でも人体に触れると悪影響を及ぼすため、飛び散りは医療現場で大きな問題でした。
「もれま栓」を容器に使用することにより飛び散りを「実質ゼロ」(石渡准教授)にすることができました。
GTOはこれを皮切りに今後も近畿大学両准教授との共同開発を続けて参ります。

幅広い分野で開発実績があります

“魔法の素材”シリコーンゴムを使った製品は、生活のいろいろなシーンで活躍しています。GTOも、家庭・健康・医療・介護・美容・ホビー・アウトドア等幅広い分野の開発をさせて頂いて参りました。それら事例の一部をご紹介いたします。

シリコーンゴム商品開発のQ&A

シリコーンゴムに詳しくなくてもご安心ください。深い専門知識をもつ私たちが手厚くサポートしますので、お気軽にお問い合せください。初めてのお客様はまずQ&Aをご覧ください。

弊社開発商品を貴社ブランドで

GTOは自社でも製品アイデアを練っておりますので、企画・デザイン・試作まで完成した開発済みの製品を、貴社ブランドで販売して頂くことが可能です。ぜひご相談ください。
最新情報
最新記事一覧